ホーム > 善玉、悪玉カルシウムとは?
 


カルシウムには、体をつくる善玉と体に悪影響を及ぼす悪玉があること、知っていましたか?

カルシウムと言えば、誰でも知っている栄養素のひとつですが
実は体に良いカルシウム(善玉)体に悪いカルシウム(悪玉)
2種類が存在しています。


コレステロールにも善玉と悪玉がある事と同様なのです。
日本人にカルシウムが不足していると、様々なメディアで様々なメーカ
ーが宣伝し、多くのカルシウム食品が出現していますが、カルシウム不
足が引き起こす症状は一向に良くなる兆しがありません。
その大きな理由のひとつに、日本人は同じカルシウムであっても知らず
知らずの内に悪玉を摂取してしまう事が圧倒的に多いという現状があり
ます。


なぜ体内のカルシウムは不足するのか

・農薬や化学肥料漬けになった土壌で育った野菜・穀物類を日常的に
 摂取している。
・土壌汚染にさらにダイオキシン等の化合物質が加わり、流出した汚染
 物質が蓄積した魚介類を摂取している。
・汚染された農産物に抗生物質を添加した飼料で育った牛・豚・鶏を摂
 取している。
・インスタント食品やレトルト食品に添加されている燐(リン酸塩)はカル
 シウムの摂取を疎外している。

吸収率の悪い(10%程度)カルシウム食品(悪玉)を知らずに摂取
 ている。


あなたの骨のもろさ、どのレベルですか?
カルシウムの欠乏により骨量が失われると、変形や骨折が起こりやすく
なり、 様々な現代病を引き起こす原因となります。



   あなたの骨レベル
                     もっと詳しく見る>>>

◆体内におけるカルシウムの重要な働き

●骨や歯を形成する
  カルシウムは、骨や歯を形成・維持するのに必要不可欠のミネラル
  です。

●筋肉の収縮・弛緩を制御する
  心臓の筋肉が収縮することで私たちは生きていますが、この心臓を
  動かすのもカルシウムです。
その他の筋肉の収縮にも関わって
  います。

●神経細胞間の情報を伝達する
  カルシウムが細胞内に入って電位差が生じる事で情報を伝えたり
  命令を発します。 イライラするのはカルシウム不足の表れです。

●免疫作用に必要
  免疫作用に必要なリンパ球が働きを促進します。

>>その他
●血液を凝固させる。
●ホルモン分泌の調整を行う。
●様々な酵素の働きを助ける。

カルシウムは骨を作る……もちろんの事ですが、しかし現在の病気の
ほとんどが実はカルシウム不足に起因している事はあまり知られてい
ないようです。
心筋梗塞、脳梗塞、ガン、高血圧、糖尿病、肝臓病など、深刻な病気の
ほとんどはカルシウム不足から起こっているものですが、当然病名は
「カルシウム不足病」と呼ばれる事はなく、結果としてそれぞれの病名に
なるのが現在の医療事情です。

◆悪玉カルシウムとは?
市販されているカルシウム剤のほとんどは「イオン化されたカルシウム」
です。
これはイオン化作用が激しく活性化している状態のカルシウムを指し
ます。
このカルシウムが体内に入ると、本来の目的地である骨や歯には
到達しないため、血液中のカルシウム濃度が急激に上昇するのです。
これが起こると肝臓などがあわててカルシウムを排泄しようとします。
するとその反動で血液中のカルシウム不足濃度が急激に低下する「ダ
ウン症状」と呼ばれるカルシウム不足を引き起こします。
皮肉な話ですが、その結果「カルシウムパラドックス」へと至るのです。
このイオン化されたカルシウムこそ「悪玉カルシウム」です。


●カルシウムパラドックス
 
      カルシウムパラドックス
                               もっと詳しく見る>>>


「イオン化カルシウムは体内に入ると、電気的にはマイナスに傾いて
いる細胞や組織と結合しやすく、そのまま沈着して様々な障害を引き
起こします。
現在日本で蔓延しているカルシウム不足は、善玉カルシウムが不足
している一方で無意識に悪玉カルシウムによる弊害を体内に生み出
し続けている事だったのです。



善玉カルシウム

・骨に確実に入り、元気な骨を作る。
・体内のカルシウムバランスを保ち、免疫力を高め、病気を予防する。
・余分なリンを排出し、骨の酸化を防ぐ。

【善玉】非活性カルシウム(推奨食品)
小魚(手のひらサイズ以下)、海草(天草、ひじき等)、野菜(山くらげ、小松菜等)、風化カルシウム(ニシキ貝の風化化石)、ボレイ(漢方薬)


悪玉カルシウム

・骨に入らず、筋肉・血管・細胞・骨組織に沈着する。
・急激に血中濃度を下げ、ダウン症状というカルシウム欠乏状態を引き起こす。

【悪玉】活性(イオン化)カルシウム
水に溶けているカルシウム、添加物としてのカルシウム、自分の骨から溶け出したカルシウム、非活性でも結合が硬く風化していないもの(牛骨・魚骨カニの甲羅・サンゴ)

 
善玉、悪玉カルシウムとは?
八雲風化カルシウム大好きCaちゃん
お客様の声
プラス1 琉球